眼病予防には、ブルーベリーを。

一口に眼病といっても、白内障や緑内障など様々な病気があります。眼病をそのまま放置すると、失明の恐れがあるので、違和感を感じたらすぐに病院に検査をするようにしましょう。又、普段からブルーベリー等を摂取し、予防意識を持つ事も大事です。

眼病とは?

多くの効果を持つブルーベリーですが、下記に一般的に知られている効能を紹介します。

眼病の種類・症状

白内障

主に加齢を原因として発症し、目の中にある水晶体(レンズ)が濁る事で、視力の低下や、物体が霞んで見えたり、まぶしくなったり、2〜3重に見える等の症状があります。

一度白内障になってしまうと、手術をしなくてはならないといわれています。
はっきりとした予防方法は確立していませんが、ビタミンCやビタミンEをしっかりと摂取する事で、予防する事が出来るといわれています。

緑内障

白内障と同様に、中高年に比較的多く発症する目の病気で、日本人の失明となる原因が、緑内障といわれています。
緑内障は、目を正常に働かせる為に必要な眼圧に異常をきたす病気で、視神経に障害が発生し、視野が欠けてくる症状を伴います。

緑内障の怖ろしいところは、自覚症状が殆どなく、目の疲れや視野の狭さに違和感を感じるときにはかなり進行している状態なので、目の健康に不安を覚える方は、定期的に検査を受けた方がよいでしょう。

黄斑変性症

視界の部分的な歪みや欠損が生じたり、視界の中心部分だけぼやけて見える症状を伴う病気が、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)です。
黄斑変性症は、物を見る為に重要な網膜の黄斑部に異常が生じる症状で、失明のリスクがある怖ろしい眼病の一つです。

主な原因は、網膜に活性酸素が増える事で生じるといわれている為、普段から抗酸化作用が強い栄養成分を摂取する事で予防に努めた方がよいでしょう。


Copyright (C) 2011 ブルーベリー.com. All Rights Reserved.