アントシアニンの効果を解説。

大人気のアントシアニンとは、ブルーベリーなどに多く含まれるポリフェノールで、青紫色の色素成分です。

植物が、紫外線から体を守る為に生成される成分で、人間が摂取する事でも、目の健康だけでなく、肝臓機能を高めたり、血圧上昇を抑制するなどに働きます。

アントシアニンはポリフェノールの一種

アントシアニンについて学ぶ前に、ポリフェノールを理解しなくてはなりません。

ポリフェノールとは、植物がカビや紫外線などの外敵から自らを守る為に作り上げられる成分の総称の事で、植物の苦味や色素成分があります。
身近なポリフェノールとしては、お茶の「カテキン」や大豆の「イソフラボン」などがあります。

アントシアニンとは?

ブルーベリーや赤キャベツ、紫芋などに多く含まれる青紫の色素成分で、紫外線と戦う為に作られる成分です。健康効果ばかり注目されていますが、染料や食品の着色料としても利用されてきています。

ブルーベリーが目に良いといわれているのは、このアントシアニンというポリフェノールが働く為といわれています。

アントシアニンの目への働き方。

目の網膜では、ロドプシンと呼ばれている物質が分解と再生を繰り返して物が見えます。アントシアニンは、ロドプシンの再生を活性化させる効果があります。

ロドプシンの再生が活性化させると、疲れ目の改善は勿論、目の機能向上に寄与する事で、各種眼病を予防する事が出来ます。

アントシアニンは、目の健康以外にも働きます。

最近の研究では、アントシアニンに肝臓機能の向上効果があるとの報告があります。

又、アントシアニンが、血圧を上昇させる酵素の働きを抑制する事で、高血圧症を予防したり、血小板の凝固抑制作用によって、血栓が出来にくくする作用もあるとの報告があります。

つまり、アントシアニンは目の健康だけでなく、体の健康にとってもとても大事な成分である事が分かりだしています。


Copyright (C) 2011 ブルーベリー.com. All Rights Reserved.